V cube コラボレーション。 responsibletraveltourism.com:NETIS登録の「V

responsibletraveltourism.com:NETIS登録の「V

Cube コラボレーション v Cube コラボレーション v Cube コラボレーション v

株式会社ブイキューブ ~作業現場と遠隔地の連携を実現し、フィールドワーカーのテレワークを支援~ 株式会社ブイキューブ(本社:東京都港区、代表取締役社長:間下直晃、以下ブイキューブ)は、拠点間情報共有システム「V-CUBEコラボレーション」と、米RealWear社(本社:米国ワシントン州、CEO:Andy Lowery、以下リアルウェア)のスマートグラスの連携による、遠隔作業支援ソリューションの提供を開始いたします。

Android 用の V

Cube コラボレーション v Cube コラボレーション v Cube コラボレーション v

昨今のクラウド開発のトレンドと逆行していますが、ご自身の経験からフルスクラッチで製品開発に取り組みたい方を歓迎しています! 【V-CUBEコラボレーション・V-CUBE Boardについて】 映像・音声だけでない高度な情報共有を求めるユーザ向けに開発されたコミュニケーションシステムです。 Bahasa Indonesia インドネシア語• 正式アップデート前だと使えない! アカウント管理もパスワード管理もESETにお任せ!• その 99%の動作保証。 English 英語• V-CUBE コラボレーション があなたの携帯にインストールされました。

11

V

Cube コラボレーション v Cube コラボレーション v Cube コラボレーション v

現場作業の中断や手戻りの解消も一つのテーマとされており、「現場を可視化し、遠隔地からも確認できるようにする」ことで、現場監督や検査、施工状況の把握や確認といった従来であれば現場に行かなければできなかったことを実現したいというニーズを多くいただいていました。 「第1回 近場公園での健康管理におススメグッズ」• あなたがいったん見つけたら、 V-CUBE コラボレーション ファイルをクリックしてクリックすると、通常のインストールプロセスが開始されます。 Deutsch ドイツ語• 災害対策本部や危機管理室、自治体の出先機関や出張中の 知事・幹部との間で、リアルタイムに情報共有をしながら、 協議や指示伝達が行える遠隔会議ソリューションを実現します。

8

responsibletraveltourism.com:NETIS登録の「V

Cube コラボレーション v Cube コラボレーション v Cube コラボレーション v

週アス読み放題で、独自コンテンツ盛りだくさん. 今回提供する遠隔作業支援ソリューションは、フルハーネスに対応したハンズフリーを実現しており、スマートグラスの装着者は音声操作のみで、現場と遠隔地が視界を共有しながら、目視確認、状況把握や確認、検査などが可能となります。

15

ウェアラブルデバイスとWeb会議でフィールドワークを支援、ブイキューブの「遠隔作業支援ソリューション」

Cube コラボレーション v Cube コラボレーション v Cube コラボレーション v

Nederlands オランダ語• 株式会社ブイキューブは2日、拠点間情報共有システム「V-CUBEコラボレーション」と、米RealWearのスマートグラスを連携させた遠隔作業支援ソリューションを提供開始すると発表した。 具体的には、映像のズーム機能やフラッシュ点灯、現場写真を撮影して本部側に送るなど、日々の業務遂行に必要な操作を実装し、騒音環境下でも遅延なくハンズフリーで業務を遂行できるとのこと。

3

responsibletraveltourism.com:NETIS登録の「V

Cube コラボレーション v Cube コラボレーション v Cube コラボレーション v

【ブイキューブとは】 ブイキューブは「Evenな社会の実現」というミッションを掲げ、「いつでも」「どこでも」コミュニケーションが取れる環境を整備することで、時間や距離の制約によって起こる様々な機会の不平等の解消に取り組んでいます。

20

ウェアラブルデバイスとWeb会議でフィールドワークを支援、ブイキューブの「遠隔作業支援ソリューション」

Cube コラボレーション v Cube コラボレーション v Cube コラボレーション v

0 or later 「V-CUBE コラボレーション for iOS」は、"V-CUBE コラボレーション"の遠隔会議ソリューションをiPhone、iPadで利用可能にします。 ブイキューブは映像コミュニケーショプロバイダーとして、フィールドワーカーのテレワーク、デジタルエクスチェンジに貢献してまいります。

20