白露 型 駆逐 艦。 白露型駆逐艦

白露型駆逐艦とは (シラツユガタクチクカンとは) [単語記事]

型 艦 白露 駆逐 型 艦 白露 駆逐 型 艦 白露 駆逐

駆逐艦時雨、白露ハ賜饌後御召艦附近ニ待機シ御召艦出港ノ際供奉ス』• Ref. 10月15日附で第27駆逐隊から除籍され、同隊は「時雨、白露」の2隻になってしまった。

4

時雨 (白露型駆逐艦)

型 艦 白露 駆逐 型 艦 白露 駆逐 型 艦 白露 駆逐

20『1746 敵飛行機本艦ニ急降下ニテ突込ム 舟右後部ニ爆弾2. は時雨が「」と仇名される大口径連装砲を背負う以外は概ね担当絵師ごとに構成が分かれている。

白露 (白露型駆逐艦)

型 艦 白露 駆逐 型 艦 白露 駆逐 型 艦 白露 駆逐

同日附で第四水雷戦隊も外南洋部隊に編入され、旗艦由良以下各艦は順次ショートランド泊地へ進出した。 24日、悪天候の中で白露一番砲塔照準口が破損、修理中の少尉候補生1名が波浪にさらわれ行方不明となった。

14

村雨 (白露型駆逐艦)

型 艦 白露 駆逐 型 艦 白露 駆逐 型 艦 白露 駆逐

1942年(昭和17年)1月12日朝、タラカン島守備隊降伏の報告を受けた第四水雷戦隊司令官少将(軽巡〈那珂〉、第2駆逐隊〈、、、〉、第9駆逐隊〈、、〉、第24駆逐隊〈海風、江風、山風、涼風〉)は 、指揮下の第11・30掃海隊に港口の機雷除去を命じた。 開戦時、同隊は第1水雷戦隊(司令官少将:旗艦)に属し、に所在していた。 23『一五五五村雨ノ一四〇度方向二〇粁ニ商船ラシキ檣ヲ認メ 蘭国病院船「オプテンノルト」 一六三五之ヲ臨検次イデ天津風ニ引渡ス』• 日本側の対応は鈍く、その作戦指揮をめぐって後に査問的調査がおこなわれるほどであった( 海軍T事件)。

朝潮型 (あさしおがた)とは【ピクシブ百科事典】

型 艦 白露 駆逐 型 艦 白露 駆逐 型 艦 白露 駆逐

同戦隊旗艦は5月20日附で由良に変更された。 19『敵潜水艦ノ魚雷航跡ヲ発見 回避運超中 重油船ト触衝 爆雷誘發 0247頃沈没ス』• 52頁• になると赤く変化するが、理由は不明。 Ref. 後に、では彼女の最期も見届ける事となる。

1

山風 (白露型駆逐艦)

型 艦 白露 駆逐 型 艦 白露 駆逐 型 艦 白露 駆逐

ただし、当海戦は情報が錯綜しており、同じような逸話のあると違って、夕立の戦果は確証が少ない。 また村雨は重巡(前進部隊指揮官第二艦隊司令長官座乗)に飛行艇搭乗員8名を引き渡した。

20