ギュンター グラス。 『ブリキの太鼓』ギュンター・グラス

『ブリキの太鼓 1 (集英社文庫)』(ギュンター・グラス)の感想(37レビュー)

グラス ギュンター グラス ギュンター グラス ギュンター

いったいどれくらい借り直したことか。 おかげでかなり話題になっている。

12

153夜『ブリキの太鼓』ギュンター・グラス

グラス ギュンター グラス ギュンター グラス ギュンター

小説には、少年時代を過ごしたダンツィヒが頻繁に登場します。

ギュンター・グラスのおすすめ作品5選!ノーベル文学賞受賞の作家

グラス ギュンター グラス ギュンター グラス ギュンター

「本」と「服」とは、ぼくにはぴったり同じものなのだ。

9

ギュンター・グラスの名言

グラス ギュンター グラス ギュンター グラス ギュンター

僕の舌は役立たず、十本の指も同じく役に立たなかったので十一番目の指の成長にゆだねた。 父親に大きくなったらおもちゃ(ブリキの太鼓)を買ってもらえるといわれたので、じゃあその年齢まで成長するか、という具合。

ギュンター・グラスのイスラエル批判

グラス ギュンター グラス ギュンター グラス ギュンター

体は幼児で、精神年齢は成人のオスカルは、冷めた視点で世の中を見つめ、その悪魔的所業で、自分を愛してくれている周囲の人間を次々に死に追いやる良心を持たない人間として描写されているが、最終的に自分を保護してくれる人間がいなくなったことに気が付き愕然とすることになる。 「47年グループ」は、そうした動向に異議を唱える作家・批評家たちが集い、議論を戦わす場となった。

ギュンター・グラス『ブリキの太鼓』

グラス ギュンター グラス ギュンター グラス ギュンター

外出先を制限すれば、居住性のほうに危険が移る。

15

ギュンター グラスとは

グラス ギュンター グラス ギュンター グラス ギュンター

『鈴蛙の呼び声』"Unkenrufe", 1992年• 1945年、戦争終結時にアメリカ軍に拘束され、収容所で捕虜生活を送りました。 彼が六0年もこのことを隠していたことには、がっかりした。 グラスは、しばしば客の借金取立てに行かされている。

7