エトセトラ jr 西日本。 【JR西日本】 広島地区の新・観光列車の列車名が 「etSETOra(エトセトラ)」 に決定! : 関西のJRへようこそ!

JR西の新観光列車名は「etSETOra」 2020年秋頃 呉線及び山陽線に導入!

西日本 エトセトラ jr 西日本 エトセトラ jr 西日本 エトセトラ jr

」 という意味をもつことばになぞらえ、瀬戸内が次から次に紹介したくなる魅力に溢れていることを表現しました。

快速「etSETOra」(エトセトラ)の車内、座席、バーカウンターなどについて解説。広島、尾道から瀬戸内の府受け尾を楽しめる列車。|のぞみは西へ、みずほは九州へ

西日本 エトセトラ jr 西日本 エトセトラ jr 西日本 エトセトラ jr

「」の連動企画として、2012年1月7日から2013年1月14日までの土曜・休日ダイヤにおいて宮島口駅 - 広島駅間で延長運転を行い、「清盛マリンビュー」として運転されていた。 床の柄は尾道の石畳をイメージしています。 宮島口駅への乗り入れは復路のみで、往路は広島発というのも意外です。

9

広島の新観光列車「エトセトラ」スイーツなど車内サービスと運行スケジュール

西日本 エトセトラ jr 西日本 エトセトラ jr 西日本 エトセトラ jr

(JR西日本プレスリリースより) etSETOraの関連商品 まとめ ・快速「etSETOra」(エトセトラ)は呉線や山陽本線を月金土日祝中心に運行する列車 ・2両編成で全車グリーン車指定席 ・半分の座席は瀬戸内の景色を眺められるようにカウンターになっている ・往路はスイーツ、復路はカクテルや地酒が楽しめる ・バーカウンターがあり、その場で作ったカクテルを景色を見ながら楽しめる 最後までお読みいただきありがとうございました。

11

快速「etSETOra」(エトセトラ)の車内、座席、バーカウンターなどについて解説。広島、尾道から瀬戸内の府受け尾を楽しめる列車。|のぞみは西へ、みずほは九州へ

西日本 エトセトラ jr 西日本 エトセトラ jr 西日本 エトセトラ jr

JR西日本はこのほど、せとうちエリアを運行する新しい観光列車「etSETOra(エトセトラ)」がデビューすると発表した。 …など。 運行概況 [ ] 運行終了時点で、臨時列車として土曜・休日のみ1日1往復運行されていた。

14

JR西の新観光列車名は「etSETOra」 2020年秋頃 呉線及び山陽線に導入!

西日本 エトセトラ jr 西日本 エトセトラ jr 西日本 エトセトラ jr

(昭和40年)10月:「宮島」が大阪駅 - 広島駅間の1往復のみになる。 運行概況 [ ] 金曜日・土曜日・日曜日・月曜日に呉線経由で広島駅 - 尾道駅間、山陽本線経由で尾道駅 - 宮島口間で運行されており、全車で運行されている。 ロゴマークにも、瀬戸内海の風景が描かれています。

3

JR西日本、2020年秋導入の新観光列車名は「etSETOra(エトセトラ)」

西日本 エトセトラ jr 西日本 エトセトラ jr 西日本 エトセトラ jr

車内のは、1号車がのをイメージした赤、2号車が瀬戸内の山の新緑をイメージした緑で表している。

JR西日本「etSETOra(エトセトラ)」せとうちの新観光列車名が決定:マピオンニュース

西日本 エトセトラ jr 西日本 エトセトラ jr 西日本 エトセトラ jr

後述の「瀬戸内マリンビュー」用車両を再改造したもの で、 外装は、の「青」と、海岸線から見える波の「白」をイメージしている。

2

広島地区の新・観光列車 「etSETOra」 、2020年10月3日(土)に運転開始! 往路は呉線、復路は山陽線 西条経由で運行! : 関西のJRへようこそ!

西日本 エトセトラ jr 西日本 エトセトラ jr 西日本 エトセトラ jr

「安芸」は列車番号を25・26列車に変更。 etSETOra [ ] 2020年10月から12月に開催される「せとうち広島」に合わせて、「瀬戸内マリンビュー」の車両を改造し 運行することが2019年7月17日に発表され 、10月16日に列車名「etSETOra」が決定 、2020年7月10日に運行の概要やロゴマークが決定した。 観光列車「etSETOra(エトセトラ)」イメージ 呉線を運行する往路では瀬戸内海の多島美を眺めながら楽しめるスイーツを用意、山陽線を運行する復路では列車にゆられながら上質なバー空間で、沿線のお酒やおつまみが愉しめる。

15

JR西の新観光列車名は「etSETOra」 2020年秋頃 呉線及び山陽線に導入!

西日本 エトセトラ jr 西日本 エトセトラ jr 西日本 エトセトラ jr

しかし、との開業によって運転区間は徐々に短縮され、呉線の電化にともなって再び呉線経由の急行列車として最終的には新大阪駅 - 広島駅間で運転されたが、1972年3月に廃止され、「安芸」に統合された。